本格芋焼酎「黒霧島」

¥1,020 税込

900mℓ

大正5年、霧島酒造創業者・江夏吉助によって初蔵出しされた焼酎は「黒麹」仕込み。
霧島酒造の歴史は、黒麹の焼酎で幕を開けたのです。創業当時の黒麹仕込みの味わいを最新鋭の設備と当社独自の仕込みで再現した「黒霧島」。

tasting image

黒麹の醸すうまさはトロッとしたあまみ、キリッとした後切れにあります。霧島酒造の永きに渡る伝統と卓越した技術からこの美味しさはつくられているのです。

黒霧島 味チャート
商品コード: kurokirishima-900 商品カテゴリー:

「黒霧島」は、「黄金千貫」と「霧島裂罅水」というふたつの宝によって生まれました。

霧島酒造は、宮崎県・都城市で本格焼酎を造り続けています。
本格焼酎「黒霧島」の原料は、南九州の広大な芋畑で栽培したサツマイモ・黄金千貫。そして仕込み水や割り水に使っているのが、南九州・都城盆地の地下約100mにある巨大な水がめから湧き出る「霧島裂罅水」。適度にミネラルと炭酸ガスを含み、焼酎づくりの大敵である鉄分をほとんど含まず、酵母菌の発酵に最適な育成条件を備えています。
本格焼酎「黒霧島」は、この「霧島裂罅水」と「黄金千貫」というふたつの宝によって生まれました。

 

アカデミー賞授賞式後の祝賀会に2年連続登場

2019年2月24日に開催された「第91回アカデミー賞授賞式」後のガバナーズ・ボールで「黒霧島」「白霧島」「赤霧島」が振舞われました。

 

黒霧島のおすすめの飲み方

黒麹仕込み由来のトロッとした甘み、スッキリとした後切れの良さを持ち、香りに癖がなく非常に飲みやすい黒霧島は、かち割り氷をグラスいっぱいに入れ、焼酎を注ぎ、ゆっくりとよくかき混ぜます。ひんやりとしたノドごしとほのかな香りが楽しめます。本格芋焼酎「黒霧島」は、トロッとした味わいが楽しめるロックがおすすめです。

美味しく飲むコツ

ロックのポイントの1つは氷です。ミネラルウォーターなどのよい水を凍らせて使用するとよいでしょう。またクラッシュアイスなどの小さな氷を使うのも1つの方法です。

 

アルコール分 20・25度
原料米品種 さつまいも(玉茜)・米こうじ
蒸留法 単式蒸留

レビュー

レビューはまだありません。

“本格芋焼酎「黒霧島」” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です